中国福建省山間部に住む客家と呼ばれる人たちとその住居を撮影した写真集。
黄色い色に包まれながら、「私」と「家」を巡って綴る記録と記憶。
第20回さがみはら写真新人奨励賞受賞。
120ページ/上製本
280×260mm
4,500円(税別)
寄稿:田原(詩人、翻訳家) 
装丁:文京図案室 三木俊一 
印刷/製本:株式会社山田写真製版所 
プリンティングディレクション:熊倉桂三

故郷を失うことは、自分を失うことなのだろうか。 中国南東の山間部に異様な建物が点在するエリアがある。外界を拒絶するようにそびえる土壁。 一歩足を踏み入れれば、100 部屋はあろうかというほどの猥雑な集合住宅があらわれる。黄河中下流域から戦乱を逃れてきた「客家人」たちのこの住処は、客家土楼と呼ばれ、世界遺産にも登録される歴史的建造物だ。 1700 年もの歴史を刻むこの建築群には、老人の姿が目立つ。 中国の発展は人里はなれたこの山間にとっても他人事ではない。都市部へと出稼ぎに行き、都会の生活に浸った若者たちは、もう客家土楼に戻ってこない。主をなくした住処は中国の成長と反比例するように急速に荒廃しはじめている。 経済の発展には、時に様々な犠牲を伴う。しかし、歴史が年輪に刻まれるように、受け継がれなければならないものもあるはずだ。それこそが、今の自分自身を形づくるものなのだから。
Back to Top